俳優オーディションとは?知っていると役に立つ豆知識を紹介

芸能人に憧れる人も少なくありませんが、これはテレビや動画などの影響が強くなっています。
もしテレビなどで活躍してみたいと考えているならば、俳優オーディションを受けるのも1つの方法です。
俳優オーディションは、俳優になるためのオーディションになるためお笑い芸人とは少し異なりますが、それでも多くの人に知られることになるでしょう。
俳優である以上は、演技力がなくてはいけません。
この演技力があればそれを柱としてやっていく事は不可能ではないがです。
では、具体的に俳優オーディションに合格するためにはどのようなことを知っておいたらよいでしょうか。
その豆知識をいくつか見ていきます。

豆知識の1つは合格しやすい条件を知る

これから俳優オーディションを受ける場合であっても、合格するための基礎知識を身につけておきたいところです。
それを知っておけば合格できる確率が高まりますが、それでも絶対合格できるとは限りません。
ただ少なくとも間違いなく言える事は、やはり演技力のうまさは確実に必要になるでしょう。
見た目も重要になるかもしれませんが、見た目だけでなく演技力は1番重要なものです。
多少見た目が悪かったとしても、演技力さえあればそれだけで合格出来る可能性は否定できません。

そうだとすれば、まずこれを鍛えるために普段から練習をしておくことです。
自分が俳優になったつもりで練習をすることも重要ただそれだけだとフィードバックがないため、フィードバックをするために第三者に見てもらうことが必要になるわけです。
例えばそれを友達に見てもらうのが良いかもしれません。
友達に見せるのは恥ずかしいと言う人もいますが、友達に見せるのが恥ずかしい人が大衆の前で演技をすることなど到底不可能です。
それをいとわない位の精神力が重要になります。

友達の反応を見て、それでもなお俳優オーディションに行きたいと感じる場合にはプロに見てもらうのが良いかもしれません。
いわゆる、俳優養成所に入ることが必要です。

俳優養成所に入ってからは

世の中にはたくさんの俳優養成所があり、実際に有名になった人も養成所出身のケースが少なくありません。
そのようなところで修行をしていき、やがてオーディションを受けることになるわけです。
オーディションを受けるといっても、養成所に入っている人が有利になるとは限りません。
やはりそこは実力次第になるため、同期は合格したとしてもそれ以外の人が全員落ちる可能性もあります。
つまり、いくらオーディションといっても学校のクラスのように和気あいあいとするわけではなく、全員がライバルになります。
イメージとしては、予備校の中で同じ大学を受ける友達同士といった感じでしょうか。

その中で切磋琢磨をしていき、合格に近づけるように日々努力をしていきます。
実はこの下積み生活が非常に大事で、アルバイトなどをしながら続けていくことが必要になるかもしれません。
それでもなお本当に俳優になりたいならば続けるしか方法はありません。

このオーディションに関しては、所属している妖精上が主体となって行うところもありますが、そうでないところもあるため色々と受けてみるのが良いでしょう。
その中で、合格できる場合もあればできない場合もありますが、いずれにしても実力が全てと言うわけではないことも理解しておきたいところです。

実力以外に必要な事は

俳優オーディションを考えるにあたり、実力以外に必要な事は何かも頭に入れておきたいところです。
実力以外に必要な事は世の中にあるいますが、実際に俳優オーディションを受けるにあたりそれは何かといえば、相性になります。
例えば審査員は必ずいますがこの審査員が自分を受け入れてくれるかどうかによって変わります。
なるべく審査員は主観を入れないようにしていますが、やはり人間である以上そこに主観が入るのは仕方がないことと言えるわけです。
この時間がどのように実家に結びつくかは人によって異なりますが、自分のことをよく見てくれる人がいればプラスに働くでしょう。

一方で、自分のことをあまりよく見てくれないような人もいます。
例えば審査員はこの人はあまり俳優にならない方が良いと思っていたとすれば、それだけでマイナス評価を食うことになり結果的に落ちてしまう可能性が高いです。

では、こちらから審査員を選ぶことができるか問題になりますが、基本的に選ぶことができないわけです。
そうすると、結局運命によって変わってくるといっても言い過ぎではありません。
実力がいくらあったとしても、その審査委員との相性の関係で落ちると考えるならば本人ができる事はそれほど多くないはずです。
とにかく多く受けてみることが必要になります。

まとめ

俳優オーディションを受ける場合には、一体どのようなことが必要になるか気になるところです。
基本的に必要なことの1つは、切磋琢磨をし能力を高めることです。
生まれ持った才能でもない限り、人は努力をするしか方法はありません。

ただ一方で、気をつけなければいけない事は本人の実力だけで合格しない可能性もあると言うことです。
実力がいくらあったとしても、審査員との相性が悪ければ落ちてしまいます。
逆に実力はそこまでなくても、審査員との相性が良ければ合格出来る可能性もあるといえます。
そのため、たくさんのオーディションを受けるのが良いかもしれません。

PRホームページ
身に着けたオーディションの知識を発揮したい方へ
芸能プロダクションHPから俳優オーディションを受けてみませんか?